★武蔵丘軽音部のイチオシ

武蔵丘軽音部プロモーションビデオ

2019/11/23

高文祭中央大会2019の報告

令和元年度東京都高等学校文化祭軽音楽部門中央大会が狛江市のエコルマホールで行われました。

加盟校126校のうち、83校からエントリーがあったこの大会。
4会場の地区大会を勝ち抜き24校の代表バンドが中央大会に集まりました。

武蔵丘高校の出演順は15番目、
学校代表の部長バンドである
ルサンチマン
オリジナル曲「大団円」を演奏しました!









全部の学校の演奏を終え、いよいよ閉会式。
審査員長の高知の先生からは、熱いハートを大切にステージに上がれ!と講評がありました。

なかなか名前が呼ばれず、ドキドキしました。

結果は準グランプリ!
やりましたー^_^

応援の部員と一緒に写真!


次のステージに向けてまた頑張っていきます。
一緒に今日のライブを作ってくれた出演校の皆さん、運営していただいた役員の皆さん、応援いただいた全ての皆さんに感謝いたします。

2019/11/22

大会リハーサルの顧問の仕事

今年の軽音楽部門中央大会が今日のリハーサルから始まります!
明日の本番でいい演奏ができるように、しっかり準備したいですね。

初めて参加される学校の顧問の先生から、リハーサルで注意する事は何かとの問いをきっかけに、そう言えばどんなことをやっているのか分からない顧問の先生もいらっしゃるだろうなーと思い、僕が出演校顧問として都大会リハーサルでやっていることを時系列的にまとめてみました。
今までの自分なりの試行錯誤の経験から、現在実際に行なっている手順です。

大会でのリハーサルは普段の合同ライブやライブハウスのリハーサルとは緊張感からして違います。生徒に寄り添ってあげてください。
大会で一緒にライブを作る仲間として、全部のバンドがいい演奏できますように!
参考にしていただければ幸いです。




①サウンドチェックバンドや数バンド前のリハーサルを視察して、当日のPAオペレーターの特徴を掴む。特にドラムのPA的な音作りで、金物が大きめなどあった場合はメンバーにドラムプレイの指示を出す。

②ミーティングでリハーサルの手順を確認する。

③チューニングは気温で変わるため、舞台袖で必ず確認させる。

④都大会のリハーサルは時間が9分と短いため、セッティングにかける時間をなるべく縮める。例えばギター&ベースは結線を済ませて、アンプに繋げば音が出る状態でステージに持ち込むこと。

⑤ドラムのセッティングにはローディーの部員を1名付け、ドラマーがペダルを取り付けているうちに、スプラッシュシンバルの取り付けや大まかな金物とタムの位置を動かさせる。

⑥音作りにはある程度時間をかけさせ、その段階でアンプのボリュームを指示する。

⑦演奏でのサウンドチェックに入る時にマイクで「武蔵丘高校バンド名です、よろしくお願いします」と挨拶させる。

⑧全パートが入る1サビを演奏させ、こちらの指示ですぐ止めて、モニター要望をマイクで言わせる。

⑨モニター要望を出す時にはどこのモニターに何の音をどの位返して欲しいか具体的に言わせることが大切。

⑩顧問は外音確認してボーカルが埋れているなどの場合、メンバーにアンプの音量を下げさせ、その分を返しからもらうように要望を出させる。またアンプの音量を下げた分、外音からバランス良くアンプの音を出してもらうように統括ディレクターに要望を出し、PAオペレーターに伝えてもらう(東京はこのルール)。

⑪もう一度1サビから演奏を始めさせモニター要望が反映されて他になければ、時間いっぱいまで照明リハーサルのためにも演奏を続けさせる。(残り時間によっては曲の最初から演奏を始める)

⑫この時、外音のバランスに要望があれば統括ディレクターに伝えて、反映されたかを確認する。特にドラムのキックとベースのバランス、ボーカルとコーラスのバランスに注意する。

⑬モニターの要望が反映されていない、または追加の要望がある場合はメンバーは顧問を見て合図を送る。合図があったら顧問は演奏を止め、⑧からの手順を繰り返す。

⑭時間になったらメンバーにマイクで「ありがとうございました、本番よろしくお願いします」と挨拶させる。

⑮顧問は最後に統括ディレクターとPA・照明オペレーターに挨拶する。

⑯メンバーを集めて本番に向けてミーティングし、今できていること、今できていないこと、本番までにできるようになることを整理する。




2019/11/19

緊急告知!校内ライブやります!

明日、11月20日、昼休み視聴覚室にて

ルサンチマン都大会壮行会ライブ

開催!





ルサンチマンは今週末に行われる、東京都高等学校文化祭軽音楽部門中央大会に出場します!

そこでグランプリをとるために、皆さんの応援があると最高です!!


最高に格好良いルサンチマンの演奏が校内で見れるのは滅多にないチャンス!
ぜひお越しください~!



最後にルサンチマンからひとこと!

今週末都大会が控えているルサンチマンです。突然のライブですが全力でやるのでぜひ来てください (Vo./Gt.ぺい)




明日のお昼休みは、全校生徒も先生方も視聴覚に集合です!!

2019/11/17

高文祭地区大会2019

今日は秋の都大会、東京都高等学校文化祭軽音楽部門地区大会C会場が小金井の東京工学院ライブホールで行われました。

この会場に集まった都内学校代表の21バンドのうち、6バンドが中央大会に進出します。


武蔵丘高校からは2年生バンドの
ルサンチマン9番目の出演です。
「大団円」というラブソングを









演奏後のインタビューは客席の真ん前でしたー





結果は無事に武蔵丘高校優秀賞受賞!
同じ会場からは来武祭でいつも仲良くしている正則高校、中大杉並高校、都立立川高校、東洋女子高校、都立江戸川高校が優秀賞を受賞、11月23日に狛江エコルマホールで行われる中央大会進出を決めました。



!!!7年連続の中央大会進出!!!!
出演順は15番目!
先輩に続いて目指せグランプリ
応援よろしくお願いいたします

2019/11/11

来武祭企画責任者の仕事

関東・中部・関西からも参加校が集まる武蔵丘の合同ライブ、「来武祭」を企画する上で一番重い仕事は責任者です。
武蔵丘高校軽音楽部では、副部長がこの重責を毎年果たしています。
イベントの企画スタッフに興味のある人向けに、責任者としての仕事内容を紹介します!


~主な仕事~
①来武祭の出演順とタイムテーブル作成
②来武祭のテーマ決め
③設営時の指示出しと進行管理
④来武祭当日の指示出しと進行管理
⑤撤収時(班反省、部会含む)の指示出しと進行管理
ライブの中断や中止を判断する



↓ それぞれ詳しく...!


①来武祭の出演順とタイムテーブル作成
*出演順
学年、曲数、セッティングを考慮しながら校内順番を基に組んでいく。
1バンド出したら同じ高校のバンドは45バンド間隔を開けれれば良い。
午前午後のバンド数はその時のバンド数によって変わるので臨機応変に対応する。
出演順が決まり、室井先生からOKが出たら、PA表右上の⬜︎に出演番号を1から書き込み、その用紙を2部、50%縮小を1部コピーする
(原本→PA、コピー2照明、ローディー50%縮小プログラムに渡す!)

*タイムテーブル
ライブ開始時間は9:3015分、210分、315分に転換時間4分を足して組んでいく。(弾き語りの転換は3分、ゲストは転換等全て含めて30分などとバンドごとに対応!)
お昼の時間は1時間取り、交流会は1520分取る。終わりの時間も忘れずに書く!
完成したら全体のLINEのグループに送り、自分のタイムキープノートに各学校の控え室も書き加え、写していく。


②来武祭のテーマ決め
その時に合ったテーマを決める(季節や行事など、、!)
早く決めてあげないと誘導やプログラムに迷惑かけてしまうので早く決めることが重要!
テーマ決めはすぐに出来ることなので①と並行してできると良い。


③設営時の指示出しと進行管理
設営に入る前に各班長から作業時間を聞く
それを踏まえて設営開始時間を決めた後に
「何時までに設営終わらせて下さい」とコールする。
視聴覚室からは出ずに、全ての班の設営を広く見つつ、きりの良い時間から終了時刻の半分の時間、15分前、10分前、5分前...と全体の班に声をかけていく。
もし、トラブルや設営に時間がかかっているようであれば何分延長するのかと現在の状況を班長と連絡を取り合いながら、後倒しで終了時間を組み直す。
先に終わった班はグダグダしてしまうので、地学室に戻したり掃除をさせたり、視聴覚裏の片づけをしてもらったりするように促す。


④来武祭当日の指示出しと進行管理
<>
8:30ちょっと前から席に座らせるように促し、朝部会で来武祭の大まかな流れ(誘導開始時間、注意点、ゲスト出演など特別なことがあればそれの確認)を伝える。
部長が円陣を促し、円陣を組んだら1バンド目に楽器の準備をするように呼びかける。
PAのルームチューニングが終わったら、1バンド目のサウンドチェック(大体10分くらい)を開始するように声をかける。
(並行して手が空いてる人に荷物を視聴覚裏にしまうように言うと◎)
サウンドチェックが終わったら、ムービーリハをして、時間が余ったら掃除や換気を促す
この時も誘導開始時間にも目を向けながら、15分前、10分前、5分前...に「あと〇分で誘導開始します」のコールや参加校が揃ったのかどうかの報告をする
各学校の欠席確認や誘導開始は誘導班と携帯で連絡を取り合う!←"重要"

<午前>
来武祭が始まり、1バンド目の演奏がスタートした時間をノートに書き込む。
2バンド目からは携帯のストップウォッチ機能で転換時間を測り(大体司会が話し始めたらタイマーをスタートする)、演奏が始まった実際の時間も書き込む。
トラブルやローディーからの貸し出し物はきちんとノートにメモしておくようにする。
午前最後のバンドが終わった時間を書き込む
+全体を見てて気づいたこととかこれは注意しよう!とか思ったことがあればどんどんノートに書き込んでいく帰りの部会で言える

<>
他校の退場を促し、人がいなくなったら午後1のバンドのサウンドチェックを促す。
出来るだけ早く誘導班に午後の誘導時間を伝える。
サウンドチェックが終わったら午後のムービーリハを促す。
時間が余ったら換気をする様にコールする。
お昼ご飯はグダグダしがちなのでタイムキープと時間の声がけは徹底するように←"重要"

<午後>
午前と同様。
+交流会の時にはライブが始まる3分前くらいにムービーやる司会の人に声をかける。
ライブが終わった時間を記録する。


⑤撤収時(班反省、部会含む)の指示出しと進行管理
他校を退場させ、大体の人がいなくなったらあらかじめ班長から何分くらいで撤収が出来るか連絡をもらっておいて、それを踏まえた時間までに撤収をするように促す。
(慣れてれば大体501時間くらい)
設営時と同様に、きりの良い時間から終了時刻の半分の時間、15分前、10分前、5分前...と全体の班に声をかけていく。
また、トラブルや撤収に時間がかかっているようであれば何分延長するのかと現在の状況を班長と連絡を取り合いながら、後倒しで終了時間を組み直す。
全ての班が終わりそうだったら、大体1020分で班の反省会をしてもらう。
反省会を促すと同時に部会を始める時間も言うとより良い。
手が空いてる人に荷物を表に出す、掃除を促す。


ライブの中断や中止を判断する
これは毎回必ず起こることではないが、来武祭責任者として"最も重要"な仕事!!
もし、地震や停電、怪我をしてしまった人がいて救急車が来たと言ったトラブル、ドラムのヘッドが武蔵丘にあるドラム全て破けてしまったりアンプが壊れてしまって換えが効かない時などは来武祭を中断、もしくは中止せざるを得ない。
その時の判断は全て来武祭責任者が受け持つので、臨機応変に素早くトラブルに対応するように心がける。「こうなったらこうしよう」と以前から判断を考えておくとすぐに行動に移せるので◎(実際に起こるかどうかは分からないが常に何かある!という意識を持つ)



全体を通して大切なこと☆
・視野を広くする!
・トラブルがあっても焦らずに分からなければ先生や幹部を頼って臨機応変に対応する!
・責任者であるからこそ自分の態度や行動が全体にも影響する事を念頭に置く!
・常に来武祭の状態を知っておく!
・全体的に行動は早め早めにするように!



2019/11/03

MUSIC DAYS 2019 FINAL

池袋の帝京平成大学冲永記念ホールで行われた高校生ライブMUSIC DAYSのファイナル大会。武蔵丘高校からは東京大会でグランプリを受賞した2年生バンド、Conton Candyが新曲で挑戦しました。




7番目の出演順、なんと6番目のバンド演奏中にギターアンプが壊れるアクシデントがありました!

急遽アンプを交換して演奏に臨みました!








結果はFace on賞でメンバー分のマグカップをいただきました。大切に使います☕︎



最後は会場の外で部会と記念写真^_^


また来年もファイナルに来れるように頑張るぞー

ファイナル大会で共演した参加校と応援してくださった皆さま、運営してくださったスタッフの皆さま、ボランティアスタッフの鷺宮高校と練馬高校の皆さま、本日はありがとうございました!

2019/11/02

第75回U16来武祭でした!

ついに今日は第75回U16の来武祭でした!!

都立練馬高校、都立向丘高校、日大第二高校の全15バンドを迎え、武蔵丘と合わせて計23バンドが参加しました、!!



◆ 夕映
1.劣等感  2.アシンメトリー


トッパーに相応しい、熱い演奏でした!


◆ ディコード
1.pathetic  2.typhoon


勢いがすごい、、!
みんなどんどん上手くなってて感動しました~


◆ 非日常生活
1.星屑と仲間達  2.神小説プロローグ
3.神小説第1章3ページ神々の祭壇より


まさかの3曲演奏、!
Gt.こうきの個性が大爆発してました



◆ アルファクション (ゲスト)
1.少年の声  2.テトイト

急遽ゲストとして演奏させていただきました~!
午前トリです!
衣装を貸してくれたみんなに感謝です😌



◆ 維新伝震(ゲスト)

こちらも急遽のゲスト演奏です!
午後トッパーでぶちかましてくれました!!


◆ 群青パンデミック
1.薊


1曲の演奏でしたが、世界観がしっかりあってかっこよかった~!
青で揃えた衣装もよかったです!




◆ リミットグロー
1.哀感情  2.日常


1年トリをかざってくれました!!
Vo.の喉の調子により、ギタボのスリーピース編成でのライブでしたが、全力でやっていてかっこよかったです、!
涙腺がやられた2年生が何人かいました、、。



◆ Conton Candy
1.ロングスカートは靡いて  2.102号室

そして今日の大トリ!
2年ゲストのConton Candyです!!
コーラスがとても綺麗で見入ってしまいました、!
翌日のMUSICDAYSに向けて、102号室も演奏してくれました!




そして今回はU16と言うことで、1年生が主体で運営も行いました!

設営から運営まで、頑張ってる1年生の姿が見れてよかったです!
それぞれみんな大変だったと思うけど、確実に自分の力になったと思います!!

12月の来武祭からはまた2年生主体の来武祭となりますが、パワーアップした1年生と2年生で協力して、最高の来武祭を作っていきましょう!!!



参加してくださった皆様、ありがとうございました!
またお越しください!!




2019/11/01

第75回 U-16 来武祭出演順


第75回 U-16 来武祭の出演順です!

ご来校の前に、注意事項のページをご確認ください。


1.夕映(武蔵丘)
2.超絶微少女(練馬)
3.ディコード(武蔵丘)
4.りん(練馬)
5.非日常生活(武蔵丘)
6.MASHROOM(向丘)
7.昼夜逆転(練馬)
8.Conton Candy(武蔵丘ゲスト)

9.群青パンデミック(武蔵丘)
10.Influencers(向丘)
11.板歯目(練馬)
12.O3(日大二)
13.羊にはくるみボタン(日大二)
14.カルロ(日大二)
15.ソラシド(日大二)
16.今夜の月は綺麗ですね。(日大二)
17.The Strange Love(日大二)
18.illegirl(日大二)
19.かさじぞう(日大二)
20.リミットグロー(武蔵丘)
21.Bangs"(日大二ゲスト)
22.ルサンチマン(武蔵丘ゲスト)





1年生ライブ…!!
ドキドキですが楽しみましょう☆