★武蔵丘軽音部のイチオシ

武蔵丘軽音部プロモーションビデオ

2019/09/18

感謝を込めて、最後のブログです

こんにちは、セツナプラントのギターボーカル、のゆいです!
この間まで1年生だったのに、気がついたら3年生で、文化祭が終わって、明日で引退になってしまいました。
最後に、ブログを少しですが書いていた身として、ここに感謝を込めて、想いを残します!クサい台詞も多いと思うけれど、今日くらい格好付けさせてください!あとたぶんすごく長いです!ごめんなさい!!!


まず、私はこの軽音楽部に入って、かけがえのないたくさんの仲間と出会いました。ありきたりな言葉だけれど、本当に一人残らず、出会えてよかったと思います。
今は卒業してしまった先輩、高校で初めての後輩で思い出深い2年生、私たちが最高学年になって、関わりがないかと思いきやたくさん慕ってくれる1年生。そして、たくさんの苦楽を共にしてきた、3年生。本当にみんな大好きです。

引退式ではきっと上手く言えないと思うから、ここに、各学年にメッセージを残します


まず、1年生!
まずこの部活を選んで、私たちの仲間になってくれて、本当にありがとう。
私はもう3年生だし、みんなと関わることなんてほとんどないんじゃないかなあ、と思ってたんだけど、全然違くて。
のゆい先輩!のゆい先輩!って慕ってくれる子が何人もいて、スタジオに呼んでくれたりとか、曲作りの相談とか悩みとかを真剣に打ち明けてくれる子もいて、ああ、いい子たちだなあって素直に思ったよ。
短い間だったけど、私を頼ってくれたり、セツナかっこよかったです!って言ってくれたりとか、本当に嬉しかったよ、ありがとうね!私はみんなのことが大好きです


次に、2年生
1年生と同じく、私たちの仲間になってくれて、本当にありがとう!
2年の初めとかは幹部になりたてで上手く指示も飛ばせなかったし、特に私は人を叱るのが本当に苦手で、部会で叱るときに涙ぐんじゃったりして、なんだこいつ!って思った子達もけっこういたと思うんだ…。こんなポンコツ幹部だったのに、頑張ってついてきてくれて、感謝しかないよ。

来武祭とかでみんなの演奏を見る度に、いつもいつも、上手になったなあ、って思うんだよ。育成バンドも持ってない私だったけど、色んな子が話しかけてきてくれたりするのが本当に嬉しかったよ、みんなが後輩を持って今は先輩として頑張ってるのが本当に感慨深いけど、何人みんなに後輩ができたって私にとってみんなは可愛い後輩だから、辛い時はいつでも頼ってね、私はみんなのことが大好きです


最後に、3年生

3年間、あっという間だったね
パート決めで揉め、バンド決めで泣き、色んなバンドがそれぞれ苦しい思いをして今があると思います。

でもその反面、私はみんなとすごく濃くて楽しい時間を過ごせたと思うんだよ。
高校生活の思い出は?ってとある面接で言われて、私は出てくる思い出出てくる思い出全部全部軽音部のみんなの思い出だったよ。

合宿とか大会とか、バンド真面目にやって、上手くいかなくて号泣したり、馬鹿やって笑ったり、部活がない日でも集まって遊んだり!

2年の夏休みなんかオフなのにみんな同じライブ行くからそこで会って夜ご飯食べたりとかさ、なんかもう家族より一緒にいたと思うんだ、みんなとは

だから引退はすごく寂しいんだけど、私たちはちゃんと引退して、次に引き継がなくちゃいけないから、だから、本当はまだまだ書けるけど、ありがとうで終わります

3年生、今まで部活を一緒に作ってくれて本当にありがとう、みんながいなかったら私はここまで頑張れませんでした 本当にありがとうね 私はみんなのことが大好きです!



各学年、何か読んで心に届くものがあれば嬉しいです。




そして各学年へは終わりましたが、忘れちゃいけない室井先生!

3年間、とてもとてもお世話になりました。
ずっとずっとボロボロで、右も左もわからず枯れかけていた私たちのことをミュージックデイズという舞台で輝かせてくれたり、楽器フェアに呼んでくれたり、たくさんたくさん私たちのことを助けてくれました。
私は、室井先生がいなかったら今のセツナプラントは絶対にないと思っています。
だからこそ、悔しさもあります。3年生、最後こそ出られたものの、やりきれなかった想いはたくさんあります。本当なら、ミュージックデイズもグランプリ、取りたかったです。本
当に悔しいです。

でも、あの経験は、今の私にとってかけがえのない大事な思い出で、他の活躍してるカッコイイバンドたちのように上手くはいかなかったけど、でもすごく楽しかったです。
最高の思い出をありがとうございました!
私の人生の中で、間違いなく一番の恩師です!



ここまで読んでくれた人本当にありがとうございます!
あと少しだけお付き合いください🙇‍♀️



セツナプラントに関して。
セツナプラントは確かに全然勢力的に活動していなかったバンドですが、私はどうしようもないバンドだとは思っていません。私は歌詞を、コードを、メロディを一生懸命書いたし、ドラマーもスタジオのときや大会の前などは一生懸命になってくれてファイナルまで進むことが出来たし、キーボードも、大事な大会曲のイントロのフレーズなどはすごくカッコイイものを持ってきてくれたりしたし、ベースはセンスのあるフレーズや音作りが本当に好きで、いつも惚れ惚れするようなベースを作った曲につけてくれるのが、本当に嬉しかったので、私は他のメンバーがどうであれ、そのメンバー含めセツナが好きです。
だからこそ、もっと活動したかったメンバーには、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
私も軽音に入りたくてこの学校に入った身なので、私がもっと頑張っていい曲を作ったり、自分からもっともっと行動していれば、あんな苦しい思いをさせることはなかったのかな、と、自分の不甲斐なさと悔しさで胸がいっぱいになります。

本当にごめんなさい。そして、こんな私と2年半、どんな理由であろうと、セツナが理由ではなかろうと、辞めずにバンドを続けてくれて本当にありがとう。バンドがなくなってたら多分、多分私は部活を辞めていたと思います。感謝しかないです。






最後に。
こんなに沢山書いたのに、書き尽くせないほどたくさんの思いがあるから、今日なんて引退前日でまだ泣くには全然早いのに我らが松浦部長がバラードなんて弾き語るから寂しくなって泣いちゃったりとか

みんながただ普通に地学で楽器弾いたり喋ってるのみて、もうこんなのも見れないんだなって、当たり前が当たり前じゃなくなるんだなって思ったら、もう涙堪えるのに必死で必死でしょうがなくって、寂しくて寂しくて、本当は、明日なんか来なければいいのにってずっと思ってます


でも終わりは必ず来ます、だから私たちはここで引退です


上手くまとまらないまま最後になりますが、最高の思い出を本当にありがとうございました!私はこの軽音楽部が大好きです!この日々を、絶対に忘れません





やっぱり引退なんてしたくないな

0 件のコメント: