★これをぜひ見て欲しい!

武蔵丘軽音部プロモーションビデオ

2015/07/15

2015武蔵丘育成バンド終わりました

武蔵丘高校軽音楽部では1年生の新入部員を対象にしたバンド教育プログラムとして、育成バンドというオリジナル方式を実施しています。

新入部員はまずパート体験を通して希望パートの調整を行います。
育成バンドは多くの場合ドラムとベースの人数分組まれます。今年は5バンドでした。
23年生の指導バンドが育成バンドリーダーを指名します。
次に指導バンドがパート別のくじを引きながら、自分たちの育成バンドを組みます。
パート別のくじは指導バンドのパート構成によって調整されます。

育成バンドのスタートは軽音楽部での決まりごとの確認です。
そして軽音ノートの書き方、今日の逸曲、シールドの8の字巻き、楽器の選び方、メトロノームを使った基礎練習、課題曲ファーストスコアのプレゼントとスコアの読み方、個人での曲練習、スタジオと機材の使い方、スタジオ練習、自由曲の決め方、バンドアンサンブル練習、ライブに向けたパフォーマンス、成果発表会、楽曲のレコーディング、CD提出、解散式。

そうなのです。
バンド結成からバンド解散を経験するまでの3ヶ月の道のりです。
きっと先輩たちの温かくも厳しいサポートのおかげで軽音楽部の楽しさを満喫できたことでしょう。
初心者はもう卒業です。

さあいよいよ自分たちでバンドを組む時が来ました。
新バンドの設立申請受付中です!
これから組む自分のバンドに責任を持ってください。
そして自信の元になる練習に、バンドメンバーとの話し合いに、部活のイベントに大いに時間を使い、顧問の想定をはるかに超えるバンドになって欲しいと思います。
すでに夏は始まっています!






0 件のコメント: