★武蔵丘軽音部のイチオシ

武蔵丘軽音部プロモーションビデオ

2020/07/14

仮入部の予定2020

お待たせしました1年生!仮入部が始まります。
軽音楽部の予定は以下のようになっています。

6/29月曜 放課後質問会@D301教室
6/30火曜 仮入部はお休みにします(色々な部活を見に行ってください)
7/1水曜 仮入部お休みにします
7/2木曜 放課後「顧問と軽音楽部を語る会」@視聴覚室(人数制限のため、現時点で絶対軽音部に入部を決めている1年生のみとします)
7/3金曜 3年生が語る武蔵丘軽音部@視聴覚室(放課後に視聴覚室集合)
7/4土曜 8:45D301教室集合、全員検温、ステージ設営体験(照明班、PA班、ローディー班)、パート体験、お昼休み交流会、ライブ映像上映会、部内演奏会体験、設営撤収体験、16:00解散
7/5日曜 off
7/6月曜 off

次コレ↓
7/7火曜 楽器パートリーダーPR会@音楽室、パート練習体験@D301教室
7/8水曜 視聴覚室練習見学
7/9木曜 健康診断、off
7/10金曜 第1回入部説明会
7/11土曜 放課後パート練習体験、視聴覚室練習見学
7/12日曜 off
7/13月曜 off
7/14火曜 入部説明会予備日、パート練習体験
7/15水曜 放課後一斉部会(軽音楽部@視聴覚室)
※入部説明会に参加しない新入生の入部届は受理しません

軽音楽部に入部を決めている新入生は6/29の説明会から、活動がある毎日来てください。
6/30からは自分の楽器を持っている人は、ぜひ持ってきてくださいね。
迷っている新入生はせっかくの仮入部期間ですので、色々な部活を体験してみてください。
高校の部活動はどこも楽しいと思います。
自分に合った部活動に巡り会えますように。
軽音楽部に入部希望の新入生は7/10の入部説明会に必ず出席してください。

やっと始まる高校での部活動です!
1年生の高校生活が楽しいものでありますように!



2020/07/05

拝啓、来武祭!先輩からの手紙 番外編②

「『楽しい部活』って何?」


初めまして。卒業生Kです。


この部活のアピールポイントは他の記事でたくさんされているので、ここでは
私の経験から新入生へ向けて「もっとこうすればよかったな」と思ったことを書いていこうと思います!


『楽しい部活』って何?


私のいたバンドは入部してまず目指したのが「高校の軽音楽連盟の大会で優勝する」ことでした。おっきいホールで行われる大会です。
そのために曲を作っては同じ部員や先生に評価をしてもらい、色々なところで「良い」と思われるようなライブをしよう!とメンバーと活動していました。

そして
「評価されるためには」とか「もっとステージで動きを意識して」とか考えながら三年間やってましたが、もちろん楽しいけどたま〜〜に虚しくなることもありました。

「あれ?私なんかより、先生からは嫌な顔されてるけど、同年代から支持されてるあのバンドの方が、ライブ楽しそうじゃね?満たされてそうじゃね?」って思って3年間ずっと悔しかったです。そんな虚しさで辞めてった人も割といます。

最初に「大会の優勝」を目標にしていたから苦しくはなかったけれど人の目を(耳?)を気にしてバンドをやっていたから、
ただ純粋に好きなバンドみたいな曲を作って、納得できない先生や先輩からのダメ出しは全部無視して、文学の研究とかして、キーボードもベースもやって、気になること全部やっときゃよかったな〜。
あいつらみたいなバンドになりたかったな。

と今は思っています。
高校生活捧げなきゃよかった。他に没頭できる趣味とか見つけておけばもっと視野が広がったのに。より良い歌詞がかけたのに。
とも思っています。

ずっと部室にいたから音楽しかしてないし、楽しかったか?と聞かれれば「楽しかったけどめちゃくちゃやり直してえな。」と答えます。
良い経験ではありましたが、後悔ばかりです。


つまり
もっと自由に、やりたいな、と思ったこと全部触れて良いと思います。
この部活内に限らず、まだ仮入部だし気になる部活一通り経験してから「続けられるかどうか」を決めたら良いし、
なんならこの部活に入った後に「違うな」と思って辞めても誰も責めません。
ライブ設営の班だって、他のところが気になったら「何してるんですか?」て言えば他班でも優しい先輩が丁寧に教えてくれるはずです。それで興味が沸けば移っちゃえ。

よく言う「やらずに後悔よりも、やって後悔」ってやつです。

音楽もそうで、
色んな経験をした人の方が、「良い曲」「良いライブ」ができます


この話は「こういう生徒もいたんだなあ」くらいで、参考にしたり見なかったことにしたりしてください。
好きなことをして、失敗して、そうすれば学べます。
ちなみに私はまだバンドで作詞作曲、編曲し続けています。これも部活で初めて「自分で作る音楽」に触れたきっかけがあったからです。そんな自分に後悔はしていません。
迷ってるなら深く考えずにやってみたら良いんじゃないでしょうか。


2020/06/23

1学期の活動予定2020

視聴覚室を共同利用している演劇部との話し合いで、今年から軽音楽部は水曜、金曜、土曜に視聴覚室を使うことになりました。
木曜は地学室練習ですが、日曜に来武祭や大会、遠征が入った場合offとなります。
月曜off、火曜音楽室練習は変更ありません。

今学期の部活予定を記事に掲載しておきます。
自宅学習、空白のGW、分散登校と歴史に残る予定表となりました。
平常に戻るのが待ち遠しいです。




4/1水・コロナ対応休校
4/2木・
4/3金・
4/4土・
4/5日・
4/6月・始業式
4/7火・緊急事態宣言
4/8水・
4/9木・
4/10金・
4/11土・
4/12日・
4/13月・
4/14火・
4/15水・
4/16木・
4/17金・
4/18土・
4/19日・
4/20月・
4/21火・
4/22水・
4/23木・
4/24金・
4/25土・
4/26日・
4/27月・
4/28火・
4/29水昭和の日・
4/30木・

5/1金・
5/2土・
5/3日憲法記念日・
5/4月みどりの日・緊急事態宣言延長
5/5火こどもの日・
5/6水振替休日・
5/7木・
5/8金・
5/9土・
5/10日・
5/11月・
5/12火・
5/13水・
5/14木・
5/15金・
5/16土・
5/17日・
5/18月・
5/19火・
5/20水・
5/21木・
5/22金・
5/23土・
5/24日・緊急事態宣言解除
5/25月・
5/26火・
5/27水・
5/28木・
5/29金・
5/30土・
5/31日・

6/1月・登校再開、1学年入学を祝う会
6/2火・
6/3水・
6/4木・
6/5金・
6/6土・
6/7日・
6/8月・
6/9火・
6/10水・
6/11木・
6/12金・
6/13土・
6/14日・
6/15月・都立高校部活動再開
6/16火・
6/17水・顧問会議
6/18木・武蔵丘部活動再開、視聴覚練習
6/19金・地学室練習
6/20土・土曜授業、視聴覚室レコーディング11:20-16:00、高清水コーチ
6/21日・off
6/22月・off
6/23火・off
6/24水・視聴覚練習
6/25木・視聴覚練習
6/26金・off
6/27土・土曜授業、視聴覚練習
6/28日・off
6/29月・off
6/30火・音楽室練習、高清水コーチ

7/1水・放課後部会・視聴覚室
7/2木・off
7/3金・視聴覚練習
7/4土・8:30集合、視聴覚練習、高清水コーチ
7/5日・off
7/6月・off
7/7火・音楽室練習
7/8水・視聴覚練習、高清水コーチ
7/9木・定期健診、off
7/10金・視聴覚練習
7/11土・土曜授業、視聴覚練習、高清水コーチ
7/12日・off
7/13月・off
7/14火・音楽室練習
7/15水・一斉部会
7/16木・off
7/17金・視聴覚練習
7/18土・土曜授業、視聴覚練習
7/19日・off
7/20月・期末テスト3、off
7/21火・期末テスト3、音楽室練習、高清水コーチ
7/22水・期末テスト3、昼部会、視聴覚練習
7/23木海の日・off
7/24金スポーツの日・視聴覚練習
7/25土・視聴覚練習、高清水コーチ
7/26日・off
7/27月・テスト前off
7/28火・off
7/29水・off
7/30木・off
7/31金・off

8/1土・off
8/2日・off
8/3月・期末テスト12
8/4火・期末テスト12
8/5水・期末テスト12
8/6木・期末テスト12
8/7金・終業式、部会、視聴覚練習
8/8土・夏休み始、視聴覚練習
8/9日・off
8/10月山の日・off
8/11火・閉庁日、off
8/12水・閉庁日、off
8/13木・off
8/14金・視聴覚練習、高清水コーチ
8/15土・視聴覚練習、高清水コーチ
8/16日・off
8/17月・視聴覚練習
8/18火・視聴覚練習、高清水コーチ
8/19水・視聴覚練習、高清水コーチ
8/20木・off
8/21金・視聴覚練習、高清水コーチ
8/22土・off
8/23日・夏休み終、off


予定変更がある場合は予定表のページを更新していきます。



2020/06/22

拝啓、来武祭!先輩からの手紙番外編

あと一週間で体験入部が始まります。
今週も3日間しか部活が出来ませんので、水曜木曜土曜の活動になります。
1年生を迎える準備も整ってきました。


11回の連載で掲載した「拝啓、来武祭」ですが今回番外編ということで、この3月卒業した72期敏腕副部長、セツナプラントGtVoだったのゆい先輩からの手紙です!





「私の居場所、軽音部への思い」

こんにちは。第72期副部長の野崎です。
拝啓、来武祭の番外編ということで、私の部活に対する思いを書いていきたいと思います!長くなりますが、お付き合いください。


私にとって、部活は、一番の「居場所」でした。

バンドが上手くいかないこと。責任者という立場もあり、部員や先生と衝突すること。忙しさから、休日に自由に遊んでいる友達が羨ましく思ったこともありました。

ですが、部活を引退し学校を卒業した今、学校生活を思い出して一番戻りたいと思う場所は、紛れもなくあの部室です。

たまにあの部室で誰かが、皆が知っている曲を弾き出すと、周りもそれに合わせて演奏したり、歌ったり、リズムを刻んだりするんです!
多分あのワクワクする感覚は経験しないと分からないと思います。

個々で練習しているときでも、目線で、空気で、どこかで繋がっているあの空間が、私は大好きでした!

思い出そうとすれば今でも、色んな思い出が鮮明に思い返せます。

先輩のライブを見に行った後、自分もあんな風になりたいと、曲を早く作ろうと駆け足で家に帰った日。
視聴覚室の、来武祭のステージに初めて立った日。
沢山泣いた先輩の引退式。
大会で勝ち進めなくて悔しくて泣いた日。
二年生になり、初めての高校の後輩になる、第73期の入学により、人に物を教えることの難しさと、自分の甘さを知りました。
副部長になって、責任者の重圧や忙しさ、今までの先輩の偉大さを知った来武祭の反省会。
二度目の別れ。
最高学年になり、最後の文化祭を終え引退し、部活に行かなくなった時。
私の中を占めていた部活の存在の大きさを、改めて感じました。
正直卒業して3ヶ月経った今でも、とても寂しく思います。

それ程までに、私にとって軽音楽部は、一番の「居場所」でした。
今の私を作ってくれた場所、それが武蔵丘高校軽音楽部です。
ここに綴った思いが全てではないですし、当たり障りのない言葉ばかりで書いてしまっていますが、思いが深いほど言葉にするのが難しいものだとこのブログを書いていて感じました。
どうか少しでも、読んでくれた方に私の部活に対する愛情が伝わりますように。



そして、テーマからは外れてしまいますが、誰にも宛てない思いを書くだけのブログは中々難しいので、部員宛になりますが少し。

このブログを見てくれた人には、これだけは忘れないでいて欲しいです。


今しかない日々を大切にすること。
そして、後悔しないように行動すること。


私も今年で19歳になります。もっと言うと、来年で成人です。もう制服は着れません。笑

様々な大人から口酸っぱく言われているとは思いますが、泣いても笑っても、卒業してしまったらもう高校生には戻れません。
高校生、校則も厳しいしうるさい先生もいるし、早く大人になりたいって思ってる人もたくさんいるよね。
確かに高校を卒業したら、できるようになることも増えます。
ですが高校でできたことが、出来なくなるということでもあるんです。
部活もその一つ。もう私は軽音部には入り直せないんです。やれるだけのことはやった気持ちで卒業しましたが、やっぱり後悔はあります。
だから皆は後悔しないように。
こんなご時世だからできることは限られていますが、そんな中で、どう動いていくか。やれることはきっとまだまだ沢山あります。私も手伝えることがあるなら何でもします。
だからいつでも頼ってください!
そしてこれから入るかもしれない新入生、今が一番輝ける時期の二年生、引退を控えた三年生。各々今の状況に対して、色んな思いが胸に渦巻いていると思います、ですが、何も出来ないと諦めないで下さい!!

新入生はちょっとでも色んな種類の音楽に触れて、自分の中で噛み砕いてみて下さい。今聴いている音楽は、部活に入って曲を作るようになったとき、絶対に何らかのヒントになります。
二、三年生は、発表の場を自分たちで作っていくのもいいと思います。オンラインでの発表は、上手く行けば大会より多くの人の目に触れます。室井先生に企画を持っていったりなんかしたら、きっと最大限のフォローをしてくれると思います。
自分たちが今できることを考えて、行動して行けば、それがどれだけ大変でも、きっとやりきったときに、そこに大きな後悔は残らないと思います。

高校生は今しかありません!
皆が最後に笑える高校生活を送れますように。

長くなりましたが、私は部活が大好きです。
なので思いを書くというよりは、後に続く後輩へのメッセージの方が長くなってしまいました!笑
でもきっとそこから、私の想いは伝わるんじゃないか、なんて思います。
こんな世の中が早く終わって、また皆で音を鳴らせる日が来ることを願っています、以上野崎でした!


2020/06/18

2020入部説明会資料という部活紹介

6月の半ばを過ぎ、武蔵丘は今日の放課後からようやく部活動の再会です。
でも再開は2年3年のみで、1年生は6月29日から仮入部期間となります。
待ち遠しいですねー
7月15日の一斉部会まで、軽音楽部に興味を持ってくれた1年生は何人来るのでしょうか。
みんなのことを待ってます!

一斉部会までに行われる軽音楽部の入部説明会で配布する資料を作りました。
一足早く読んでおきたい新入生、軽音楽部がよく分からずご心配されている保護者の皆さま、ぜひお目通しください。


全文はこちらから↓
2020入部説明会資料(Google driveリンク)


2020/06/14

拝啓、来武祭!先輩からの手紙⑪

いよいよ明日から都立高校の部活が再開しますね。
武蔵丘高校は6月18日から再開するようです。ちょっと遅くて残念、、、


拝啓、来武祭!の連載も11回目となります。
僕の教え子たち、軽音部を卒業した126名の卒業生を代表してラストのメッセージ!
僕と一緒に武蔵丘軽音部をそして来武祭をつくった68期部長、突発的事象のGtVoの都月先輩から!





「いつだって今始めるのが一番早い」

最近本当に暑いですね、コロナウィルスのせいで本当に季節感がよくわからなくなってます。どうもはじめまして、68期生の永井です。

このブログを見ている新入生。素敵です、是非入部を検討して下さい。
このブログを見ていて更に楽器の練習を始めている新入生。とても素敵です、ぜひ入部してみて下さい。
軽音楽部が他の部活と大きく異なる点は、多くの人が未経験から始めることです。つまりスタートラインが一緒なので、頑張れば頑張った分だけ他の人よりずっと上手くなれます。
昨日、軽音ノートを見てたら、僕が二年生のときの部活説明会では、錯乱前戦のメンバー全員が先輩に部活についての相談をしていたみたいです。まだバンドを組む前なのに凄いですね。他にもそういったように先輩に相談している人は、最後まで部活をやりきって何か成果を残した人が多いようです。
こんな事を言いましたが楽器だけに関わらず、何かやりたい!と思うなら今すぐ行動を始めるといいでしょう。特に高校生の3年間は本当にすぐ過ぎてしまいますし、たとえ他の人よりスタートが遅かったとしても、自分で気付いて行動できるということも凄く価値のある行動だと思います。

最後になりますが、本気で音楽をやりたいと思う人はぜひ入部してください。
辛い時には励ましてくれる仲間がいます。楽しい時には一緒に分かち合う仲間がいます。ただの思い出で終わらない経験ができる場所になるはずです。


2020/06/11

拝啓、来武祭!先輩からの手紙⑩

普段当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃなかったんだと気付かされた期間です。
空気は当たり前にあるけれど、無くなったときに初めて気付いたのじゃ遅すぎます。
当たり前が無くなると、苦しく悲しいです。
みんなでがんばろう!一緒にゆっくり頑張ろうね。


さあ、第10回目となった連載です。今回は68期の突発的事象と瑠璃鶲でベース担当と、部活で室井工務店の開業を支えてくれた阿部ちゃん先輩です!





「軽音楽部のみなさんへ」

こんにちは。 五年前に卒業した、突発的事象というひねくれたバンドと、瑠璃鶲というアバンギャルドなバンドでベースを弾き、楽器つき(今はローディー班になったのかな)で働いていた者です。
在校生の皆さん。
発表の場がなくなってしまって悔しいだろうと思います。合同ライブ、ライブハウスでの企画、大会、オーディションなど、軒並み延期、中止になってしまったのかな。 こんな状況、きっとみんなも初めてだしたくさん戸惑いがあると思います。悔しい気持ちももちろんある。でも学校に行かなくて良くなって、感染症の危険から少し遠ざかってどこか安心もしていて、きっと複雑だろうな。
テレビでは甲子園やインターハイが中止になって運動部の子は悔しがっているというニュースをよく目にするけれど、軽音部だって同じ。三年生は秋の引退を前に、最後の夏で、最後の大会、ライブ、いろいろなイベン トがあったと思う。最後の夏、僕たちも大会に出たし、GB のライブにも出た。でもそれができなかったら...? 不完全燃焼だよね。とてもつらいだろうと思う。これから色々と規制が解除されてだんだん元の生活に戻っていくだろうけど、ライブはいつからできるようになるかはわからないよね。今のメンバーでできる、もしかするとしたら最後になるかもしれないステージ、実現されることを祈ってやみません。
二年生、一年生も、これからどんどん伸びていくところで出鼻をくじかれてどうしたらいいのかわからないよね。自主練を頑張ったり、自分で曲を書いてみたり、色々としているのかな。仲間に会えなくてつらいと思う。でもいつか今の思いを音楽にしてたくさんの人に伝えてほしいな、あの時間があったからこそ今の自分たちがいる。まだまだ先は⻑いからゆったり構えて、これからの高校軽音楽部業界(?)を盛り上げていってください。若者たち、期待しているよ。

ここからは自分の話になるけれど、僕は今年就職して慣れない中テレワークに なったり重要なプレゼンにかかわったりと楽しいながつらいことがたくさんあった。そんな時ふと思い出すのは、軽音楽部で仲間たちと笑い合ったなんてことない時間のこと。僕は武蔵丘高校に在籍していたものの、どちらかというと武蔵丘高校“軽音楽部” に入学して卒業したといった方が正しい。それくらい学校生活の中で重きを置いていたし、たくさんのことを教えてもらい、たくさんの仲間ができた。僕の友達は9割軽音楽部の人たちだったし、授業中も音楽のことや次の来武祭の運営のことばかり考えていた。 そんな僕なので、来武祭は全身全霊をかけて臨んだし、仲間たちとのたわいもない時間もとても好きだった。もちろん曲を作っている時もね。
今でもあの頃の仲間たちとは年3回くらいのペースで会って酒を飲みながらあの頃の話をしている。やれあの曲は良かっただあの時あいつがさ~とか。よくある年増の会話だね。でもそれが楽しいんだ。
きっといつかみんなもこうなるよ。その時に今の状況も、なんだかんだ言って意外に良かったね、なんて話せるといいね。僕はみんなに会ったことはないけれど、いつか全ての代を集めてお酒のみたいねえ。
僕は今あまり楽器には触れていないけど、相変わらず音楽は大好きです。今の状況にぴったりの、というか、今の状況のために書いたのか?いい曲があったのでみんなに紹介したいと思います。なかなか会えないバンドメンバーや、音楽を通して繋がった仲間たちのことを想いながら聴いてみて。流行に強いみんなならもう知っているかな。